スポンサーサイト

 --, -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marshall Museum Japan 再訪

 27, 2015 
秋晴れ!
田布施駅
先日、Marshall Museum Japanへ行ってきました。
昨年の5月に田布施へ移転されてからは伺っていませんので、この日を楽しみにしていました。

田布施駅に降り立った時は、上の画像のように秋晴れの空が気持ちのイイ日でした。



それでは、Marshall Museum Japanまでの道順から振り返ってみます。

田布施駅前の光景です。
田布施駅前
この画像ではタクシーが止まっていますが、この後トイレに行って戻ってきたら1台もいませんでした(泣)

なので、徒歩でMarshall Museum Japanまで行くことにしました。
田布施駅からMarshall Museum Japanまではウェブサイトによると約1,100mです。徒歩でも約10~15分で着きます。
上の画像で云うと奥に真っすぐ伸びている道を進みます。


砂田交差点、1つ目の信号です。ここも真っすぐ進みます。
砂田交差点


途中で田布施川が流れていて橋を渡ります。

橋を渡ったところにある中央南交差点。
中央南交差点
県道163号線へ右折します。

交差点の右手には田布施町役場があります。
田布施町役場


県道163号線を進行中。(田布施町役場付近)
県道163号線田布施町役場付近



しばらく歩くと道が大きく左にカーブして、目の前に白い外壁が見えます。遠くに小さくMarshallの文字が!!
県道163号線



到着しました!!
Marshall Museum Japan


入り口で声を掛けると、館長さん自らお出迎え。
事前に予約していましたので、名前を告げて入館料¥1,000をお渡しして中に入ります。
Marshall Museum Japanの様子
オールド・マーシャルがズラリ・・・。否応なしにテンションが上がります!!

館長さんが、アンプ1台ごとに様々なエピソードを交えながら説明してくださいます。

私の大好きなJTM45 Offset。シリアルナンバーすら無い最初期の1台だそうです!!!
JTM45 Offset①


ロゴプレートのアップ!
JTM45 Offset②


ノブのアップ!
JTM45 Offset③


今度は後ろ姿です!
JTM45 Offset④


館長さんにお願いしてJTM45の音を聞かせて頂きました。
使わせて頂いたのは、57年製?(失念しました)のストラトとホワイトパネルと言われるJTM45です。
ストラトのネックはトラ目がばっちり入っています。
57年製?のストラト①

57年製?のストラト②

JTM45ホワイトパネル。パイロットランプが光っています!これだけで気持ちが高揚する私は病気でしょうか・・・。
JTM45ホワイトパネル

ちなみにこのJTM45ホワイトパネル。S/Nは13だそうです!!


実際に聞いた音は、素晴らしい・・・。の一言です。右手の強弱によるダイナミクスへの追従性もイイですし、アンプが持つ音のキャラクターもホントにイイ感じです。

余談ですが、オールド・マーシャルとストラトといえばリッチーやろ!と興奮状態で閃いたまでは良かったのですが、いざ弾いたスモーク・オン・ザ・ウォーターのリフさえトチルほど軽いパニックになっていたのはご愛敬です。

さらに、館長さんがチャンネル・リンクさせましょう!と言ってくださり試してみると、これまた音がファットになってイイ感じです。

ビンテージ・ストラトとオールド・マーシャルの組み合わせで自分が弾けるなんて夢にも思っていなかったので大変貴重な経験がになりました。


この他にも、防音室で爆音試奏をさせてもらったり、オールドPAマーシャル(4チャンネル)でチャンネルリンクの違いを実際に体験させて頂きました。
オールドPAマーシャル(4チャンネル)


別室で展示待ちのマーシャルを見せてもらったり、アンプ好きにはたまらない空間です。
展示待ちのマーシャル

マーシャルアンプの創業者、ジム・マーシャルの生誕記念に作られた375Wマーシャルです。パワー管6550が8本乗っかっています。その両脇には巨大なトランスが2台。モンスターアンプです。
375Wマーシャル


ミュージアムには平然と本物のUni Vibeが・・・。
Uni Vibe






約2時間ほど滞在させて頂きました。日本にこんな素晴らしい場所があるなんて本当に感激します。
ミュージアムを運営されている館長さんのマーシャル・アンプや音楽に対する情熱に敬意を払います。





ギタリストの皆さん、是非一度、訪れてみて下さい!
世界ででこんなにもオールド・マーシャルが身近に体験できる場所は、Marshall Museum Japanだけではないでしょうか。






















関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。