スポンサーサイト

 --, -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12Vリレー用電源について

 07, 2015 
忘備録
ブリッジダイオード

※ご注意ください!!
AC100Vを取り扱います。この記事を読んで作業を行った結果、作業された方やそのご家族もしくはその住居等に重大な被害、または人命に関わることが起こったとしても私は一切の責任を負うことはできません。作業前にご自身の技量を把握しご自身の責任において実施してください。




当初はDC5Vでリレーを動作させて音を切り替えようとスタートしました。
しかし、ヒータ用電源AC6.3V 4AをDC5Vにする際にブリッジダイオードの発熱への対処がまずかったため、何度となく失敗に終ってしまいました。↑の画像がその残骸です。

失敗は成功のモト、七転八起・・・。

ブリッジダイオードが熱でプツプツいう音や煙りがモワ~と立ち上がるのを思い出すと今でもゾッとします。
皆さんは絶対に真似をしないで下さい!!


その次に、フットスイッチのLEDを光らせるためにはDC5VではなくDC12Vが必要なのでは、と考えて12VDCについての考察という記事を書きました。しましまギターのたけさんからコメントをもらい「倍電圧整流」という方法を知りました。


さらに、偶然近所のホームセンター見つけた黄色いトランス。ELPAのHK-T01Hというトランスで、ホームセンターで良く見かけるようです。
一次側:0-100V、2次側:0-6V-12V。
100V→12Vトランス
いま思うと、だんだんと繋がっていきます。


今回のリレー用DC12Vは、AC100V ⇒ ホームセンターで偶然発見した「HK-T01H」でAC6Vに変換 ⇒ たけさんのコメントで知った「倍電圧整流」でAC12V ⇒ 三端子レギュレーター7812でDC12V という順番で作っています。
三端子レギュレーター7812で作ったDC12Vをリレーの動作用&LED電源に使っています。



自分が書いた記事を振り返ると2015年5月24日から始めて1か月以上掛かってしまいました。
休みの日でも時間が取れなくてモヤモヤしたこともありましたが、なんとか順調です!!





次は、初段真空管の空きチャンネルを使ってDEN AMP #2(5f6a MOD)をOverDriveさせてみようかと画策中!






これだから自作は止められません!!















関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 2

Fri
2015.07.10

たけ・レオ 

URL

No title

上手くいってなによりです。
アンプの電源は限定されている事が殆どなので厄介ですよね。
倍電圧は使用容量が減ってしまいますがアンプ製作時は強力な武器ですね。

Edit | Reply | 
Fri
2015.07.10

bigakki 

URL

No title

たけさん

今回は迷路に迷い込んだ感じでしたが、たけさんのアドバイスが良いヒントになりました。ありがとうございます。
今回の企画で後から電源回路を追加する際のコツが分かったような気がします。気がしているだけです(笑)
アンプのシャーシによる音の違いの実験も是非検討を!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。