スポンサーサイト

 --, -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルターマジック?

 12, 2015 
カソード・バイパスコンデンサで音は変わります。
フィルターマジック?
最近スマホが変わったので画像の感じも変わってます。


↑汚い手書きの図でスイマセン。
DEN AMP#2の入力段のカソードからアースへの説明です。

INPUTのチャンネルリンクとカソード抵抗及びコンデンサの切り替えです。

チャンネルリンクのON/OFFは、INから図の下に書かれている抵抗68Kの右にあるスイッチで行います。

そのスイッチで12AY7の7番ピンに繋がった時チャンネルリンクになります。
チャンネルリンクで入力信号が7番ピンに入ると、グリッドの8番ピンに付けたスイッチで抵抗及びコンデンサの組み合わせを(220uF+820Ω)(
)選択できるようにしました。
これをVer.1とします。

これで、ギターを繋いで確認したのですが、Ver.1ではほとんど音の違いが判りませんでした。


次に試したのが↓の図です。Ver.2とします。
Ver.2

チャンネルリンクの切り替えまではVer.1と同じです。
Ver.2では、カソード8番ピンは3番ピンに繋いでカソード抵抗及びコンデンサを共有しています。
但し、カソード・バイパスコンデンサをスイッチで選択できるようにしました。

試した結果、意外にもVer.2の方が違いがはっきりと出ました。

220uF/25Vを選ぶと本来のBassmanらしいファットなサウンドになります。
一方で0.68uFを選ぶとタイトなサウンドになります。

なかなかイイ感じです。
今回は、Ver.2を採用!

ちなみに、このコンデンサの選択ネタは「真空管ギター・アンプ実用バイブル」に載っています。



以下は実際の画像です。

チャンネルリンクのスイッチとノーマルチャンネルのボリュームです。
チャンネルリンクのスイッチ


入力段のカソード抵抗とコンデンサです。
実際はON/OFF/ONスイッチで、220uF/25V+820Ω、820Ωのみ、0.68uF+820Ωの3種類の組み合わせを選ぶことが出来るようにしました。
カソード抵抗とコンデンサ


↓の画像にある下側のトグルスイッチが入力段のカソードの抵抗とコンデンサの組み合わせを選択できるON/OFF/ONスイッチです。
その上のトグルスイッチはスーパーブライトスイッチ(笑)です。キラッキラッになるはずです。(まだ試してません)
ブライトチャンネルのコンデンサ



この仕様でスタジオで爆音テストして来ます!!







関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 2

Thu
2015.02.12

higemajin 

URL

No title

コンバンワ
いや~ 昔の電気小僧としては
凄くワクワクしています。

Edit | Reply | 
Fri
2015.02.13

bigakki 

URL

No title

higemajin さん

ありがとうございます。
コメント2つ頂戴したのですが、同様の内容だったのでこちらを承認させて頂きました。ご了承下さい。

私もスタジオでの音出しが楽しみです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。