スポンサーサイト

 --, -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GRINNING DOG Pickup

 08, 2015 
テレキャスターのピックアップが届きました。
GRINNING DOG ピックアップ
私が持っている67年製テレキャスターのネック側ピックアップは、購入した時から現行のFender USAのピックアップが付いていました。
どうも、以前はハムバッカ-を付けていたようで、そのキャビティを埋めてシングル用のキャビティを開けたようです。

年代の割には平坦な音のするネック側ピックアップの音が好きではなかったので、思い切ってGRINNING DOGさんのピックアップをオーダーしました。

この箱に入って届きました。
GRINNING DOG ピックアップ1


箱の中身。丁重に梱包されています。
GRINNING DOG ピックアップ2

購入した年月とモデル名が書かれています。私が購入したのは「TELECASTER M60s Style Neck」。
GRINNING DOGさんに67年製のテレキャスターのフロントピックアップは何が良いですか?と問合せして紹介してもらったピックアップです。
GRINNING DOG ピックアップ3


ピックアップの内部。エナメル線がいっぱい巻いてあります。
GRINNING DOG ピックアップ4


早速、付け替えて弾いてみました。
私なりのFender USAのピックアップとの比較になってしまいますが、GRINNING DOGさんのピックアップは音に芯があって立体的な感じです。

音抜けも良さそう。

イイね。イイね。イイね。


時間を忘れて弾いてしまいました。

ピックアップの高さを変えると音のニュアンスも変わりますね。う~ん、この辺りの調整はブリッジ側の意ピックアップとの兼ね合いもあります。

結局、今までよりネック側、ブリッジ側ともやや下げ気味にセッティングしました。






という訳で、GRINNING DOG ピックアップのレポートでした。







スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。