スポンサーサイト

 --, -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に完成!DEN AMP#1

 04, 2014 
自分のイメージにかなり近いゾ!
DEN AMP#1完成
約8か月に及んだDEN AMPプロジェクト、2013年12月の構想(妄想)で始まって昨日終りました。

いやー長かったような・・・・・・・・短かったような・・・どっちやねん!って感じですが、今は達成感に満たされています!



このブログに何度も書いていますが、今回のDEN AMP#1製作においても、世界中の諸先輩方のウェブページに助けられました。感謝です。
英語のサイトでも読んでいくうちになんとなく分かってヒントを得られたり、それが自分の探している答えだと確認できた時は俄然、製作のモチベーションは上がりました。

それから、このDEN AMP#1の製作記事を見てコメントを下さった、しましまギターのたけさん、Studio Inputのいたさんにも感謝々々です。
お二人の製作記事や頂いたコメントが私の製作意欲を大いに刺激して下さいました。いつかお会いしてアンプ談義に花を咲かせられたらいいな。







ここでDEN AMP#1の紹介です!
DEN AMP#1レイアウト

回路はFender Super Reverb(AB763)が元になっています。
リバーブ、トレモロ付き。
まずは、フロントパネルですがInputは1つのみ。なのでセッションで2人のギタリストが1台のアンプを使うっていう場面には使えません。あくまでも1人用(オレ専用仕様)です(笑)

コントロールのノブは左からVolume、Treble、Middle、Bass、Reverb、トレモロのSpeed、Insensity(深さ)、Master Volumeです。
その上にあるトグルスイッチは左からBright、Bass、No-NFB(NFBのON・OFF)となっています。

バックパネルに移りましてスピーカーへの出力インピーダンスは2・4・8Ωで切り替え式です。
それから、Super ReverbはフットスイッチでリバーブとトレモロのON・OFFができますが、DEN AMP#1はBoostとトレモロのON・OFFができます。リバーブはフロントのコントロールノブでゼロにもできます。
DEN AMP#1フットスイッチ

トレモロはスピードを速くして浅くかけるとレズリーみたいな音になります。これは気持ちイイ。
BoostをONにするとエフェクターのオーバードライブとは異なる、太いドライブサウンドに切り替わります。

以上、簡単ですがDEN AMP#1の紹介でした。



ちなみに、一番上の画像に写っているVOXのスピーカーキャビは昨日届きました。
ホントは横置きのキャビですが、縦に置いてDEN AMP#1を乗せるとピッタリ!
クラッシックな見た目が結構気に入っています。
スピーカーは12×2でVOX純正のスピーカーが付いています。どんな音がするのでしょう???








次は、どんなアンプを作ろうか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・???




関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 4

Mon
2014.08.04

たけ 

URL

No title

少しお久しぶりです
遂に完成されましたか!おめでとうございます。

やはり好みを追及していこうとすると最も合理的・現実的に考えて自作という所に辿り着くのだと思います。
ご自身の音、それを自らの手で具現化させた事は何よりも喜ばしい事ですね!

今そこにあるトーンはbigakkiさんが作り、演奏しないと出せない音だと思います。個人的に見た目が痛い程好みでセンスが羨ましい限りです。

次の展開も楽しみにしています

Edit | Reply | 
Tue
2014.08.05

bigakki 

URL

No title

たけさん、少しお久しぶりです。
ぶっちゃけ、なんとか終わらせたという感じです(笑)しばらく手を加えずに使い続けてみようかと思っています。気になる所があればまた手を加えてみようかと。自信はないのですが、他の人にも弾いてもらって感想を聞いてみたいと無謀な妄想をしてみたり・・・(笑)

お褒めの言葉、ありがたいです。アンプは外観も大事です!

TWO ROCK自作、頑張って下さい!楽しみにしています。

Edit | Reply | 
Fri
2014.08.08

いた 

URL

男前アンプ!

bigakkiさん

こんにちは。
簡潔で機能性、機動性に優れたアンプ。そしてこのルックスも・・・
数あるハンドメイドヘッドアンプの中でも抜群のセンスだと思います。真面目な話、弾く側としては見た目もとても重要なポイントだと思います。
新しいキャビネットで鳴らすとどんな音なのか興味深々です。

作成記の方も毎回楽しみに拝見しておりました。とても参考になります。
時間をかけて作成されたアンプですので喜びもひとしおかと思います。
今後も新しい相棒とより良い音楽ライフを・・・

モディファイや次回作も楽しみにしております。
お疲れ様でした!(*^^)v

Edit | Reply | 
Fri
2014.08.08

bigakki 

URL

No title

いたさん

こんにちは。
やっと終わった感じです。お褒めのお言葉、恐縮です!

新しいSPキャビネットはオープンバックの12×2です。よく見るとWharfedaleというイギリスのメーカーのスピーカーでした。私としてはオープンバックなのでキレのあるサウンドを期待しているのですが・・・。
しばらくの間、じっくりと音出しして楽しんでみようと思っています。

いたさんのTWEED "PRO-AMP"も楽しみに拝見しております。
頑張って下さい!!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。