スポンサーサイト

 --, -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Boost Sound@Studio

 18, 2014 
先日、スイッチでBoostするようにModしたDEN AMP#1をスタジオに持ちこんで弾いてきました。
DEN AMP#1&Gibson LesPaul
セッティングしていよいよ音出しです。





いつもこの瞬間はドキドキしますね。










まずは、Master Volume(Post-Phase-Inverter-Master-Volume)です。













ナルホド!






これが思っていた以上に音は悪くないし使いやすい。
確かにMaster Volume無しの状態と比較すると変わった感じはしますが、どちらにもそれぞれに良さがありますので別物と考えた方が良さそうです。
自作モノなのでいつでも変更可能で、これが自分で作った醍醐味ですね。










いよいよ、Boost Modのテスト。
また、ドキドキします・・・。
















フットスイッチON!!!









ジャカジャーン!





















おおーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!







イイ感じです\(^ ^)/





上手くいきました!!

私がアンプの音を判断する際に大切にしている感覚で”一瞬、木の音がする”ってのがあります。
このアンプから木の音が聴こえました(嬉)
自分のイメージに近づいているようです。



この後、歪み系のエフェクターも繋いでみました。
自作TS808(オペアンプはツヤ有り4558D)、自作COT50、自作Super Hard On、STAMPEDE OD SOV-2、禅駆動。


禅駆動がイイ感じ。
禅駆動をboosterとしてGainを8~9時くらいにしてONにするとOverDriveさせた時に弾いた音が"コーーーーーー"と伸びて倍音だけになっていくようになります。
自作TS808でもセッティングによっては似た感じの音が出るのですが、若干コモリ気味になりました。(なんか悔しい)









それから引き続けること3時間。
もうちょっとこうしたい。ああしたい。これがああなればどうなるのだろうと・・・。様々なアイディアが浮かんできました。





真空管ギターアンプ、奥が深いスッ!!!

ところでバンド・アンサンブルの中で、このアンプの音ってどうなんだろう・・・・・???






関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。