Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Marshall Museum Japanへ行ってきました。

JTM-45(本物!)
Marshall Museum Japan JTM-45①

Marshall Museum Japan JTM-45②


PA-20(本物!)
Marshall Museum Japan PA-20

BBAでJeffBeckが使ったキャビネットとケース(本物!)※アンプヘッドは違うらしい。
Marshall Museum Japan BBAamp

もう、凄すぎてびっくりです。いっぱい写真を撮りまくりましたが、一部をご紹介しました。

館長さんがホントに親切な方で、自ら案内しながら説明して下さいました。
すべて、館長さんが個人で集められたようです。

私が、趣味でギターアンプを作っていることをお話しすると、PA-20の裏蓋を外して中を見せて下さいました。

また、画像はありませんが、JeffBeckが使っていたストラトもさわらせてもらいました。
館長さん、ありがとうございました。

こんな素晴らしい博物館は、貴重な存在だと思います。
ましてやこの日本にあるなんて。

ロック好きな方、ギター弾きの方は、是非行ってください。
スポンサーサイト
5E3ですが、時間を見つけては作っています。

5E3基盤


全ての結線が終わって確認もせずに音だししたら、パイロットランプは点かないし、音も出ません。
こんな時は、冷静になるために一晩ほっとくのが一番効果的です。

翌日、配線レイアウト図とにらめっこしながら、線を引っ張ったりしていたら、半田不良を見つけました。
画像はちょっと分かりにくいかも知れません。
5E3半田ミス

半田をやり直して、もう一度音を出したら・・・出ました!!
5E3シャーシ組み込み完成

いや~、感動です。キットとはいえ感無量です。
とは言え、ちょっとブーンというノイズが大きいような気がします。電源トランス触ったからでしょうか。
本物の5E3の生音を聞いたことが無いので判断しかねますが。
いよいよ、ノイズを消すためにアースポイントがどうやら、こうやらと云うディープな世界に突入でしょうか。
Weberに注文した電源トランスのベルカバーが届きました。
価格は8ドル→画像はこちら

8ドルなので95円で換算して760円。まぁイイかッ。と買ってはみたもののカード会社の請求は送料が追加され7,336円でおよそ10倍となりました(泣)

まぁ、イイのですが・・・







趣味だから・・・







英語読めない自分が悪いのですから・・・・。


と自分を納得させて、トランスを組み直しました。
電源トランス2

電源トランス1

組み直しているとき塗料で固定された薄ーい鉄板が1枚剥がれたのですが、元に戻してネジで止めました(泣々)
ベルを固定するネジが長いので電動ドライバを使ったらネジの溝が潰れました(泣々々)

こりゃ、前途多難な5E3です。




カート・ローゼンウィンケルのライブを梅田クラブクアトロで見てきました。
Kurt Rosenwinkel in Osaka 2013

はじめてライブで見ましたが良かった!!Star of Jupiterからの曲を演奏していましたが、私にはギターがCDと同じ音に聞こえました。ドラムはCDよりもダイナミックスが大きくグイグイ行く感じで良かった。

Kurt Rosenwinkel Gear in Osaka 2013

ライブは19:40頃スタートで2セット入れ替えなしで22:20頃終了。

久しぶりにライブを見に行きましたが良かった。良かった!
米国からやって来たWeber amp kit 5E3の作成に取り掛かりました。

試しに各パーツを取り付けてみました。
5E3 組立1

何かが違うと思ってしばらく考えました。
5E3 組立2

電源トランスから出ている電線が上向きです!


あー電源トランスを100V対応にしてもらった結果のようです。
ウェブで調べたらGuitars590さんのブログにも書いてありました。

もう一度Weberにベルカバーとアングルのセットを注文しました。

しばらく、制作は中断です(泣)
Weberに注文したTweed Deluxe 5E3。3週間の納期は長ーい。
待ちきれずにFedExの荷物追跡ナンバーをWeberに教えてとメールしたところ次の日に送られてきました。


確認すると、もう日本まで来てまして、その日の午後に配達完了。現地時間の2月25日午後3時すぎに集荷され3月2日の午後2時前に配達完了となりました。

では、検品も兼ねて荷物を開けてみます。

まずは到着直後の荷姿。
Tweed Deluxe 5E3 Kit 到着直後の荷姿

箱を開けました。
現地の新聞紙は入っていません。
Tweed Deluxe 5E3 Kit 箱の中身1

上の箱を取り出すとキャビネットが見えます。
Tweed Deluxe 5E3 Kit 箱の中身2

丁寧にプチプチで梱包されていました。
中に書類が入っていまして、結局、送料/処理料で173.7ドル、95円換算で約16,500円となってます(泣)
Tweed Deluxe 5E3 Kit 中身取り出し

キャビネット前面
Tweed Deluxe 5E3 Kit キャビネット全面

キャビネット背面
Tweed Deluxe 5E3 Kit キャビネット背面

キャビネットはしっかりした作りです。取っ手はちょっと頼りなさそう・・・。
キャビネット内にシールが張ってあります。
Tweed Deluxe 5E3 Kit キャビネット内シール
どうやらキャビネットはPownall Custom Creationsという会社へ外注のようです。
Custom Cabsのページは工事中(Under Construction)でした(2013年3月5日現在)


スピーカー。
Tweed Deluxe 5E3 Kit スピーカー

シャーシ―内にコンパクトに部品が入っています。
Tweed Deluxe 5E3 Kit シャーシと部品

検品中・・・。
Tweed Deluxe 5E3 Kit 検品中

感想は、注文から3週間。やっと来た!という感じです。
作るのが楽しみです。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。