Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとこさポイント・トゥ・ポイントのワナから抜け出せたZombie Chorusですが、またまた問題が発生しました。

ケースの裏蓋をしてネジでしっかり止めるとキュイ~ンといいながら発振します!





・・・・・・・・・・涙





どうやら基板のどこかとケースに取り付けてある部品の一部が接触しているようです。右上のネジをわずかに緩めると発振はおさまります。

試行錯誤の結果、ゾンビモードに切り替えるトグルスイッチの端子と接触していることが判明。
トグルスイッチのワッシャーを除くことで解決できました。


ようやく完成しました。
zombie chorus

歪みものの自作と違ってモジュレーション系は難しい。
スポンサーサイト
制作が終わったZombie Chorusですが、音が出ません。




みごとポイント・トゥ・ポイントのワナにはまってました。

半田付けするときPCBレイアウト見ながら行うのですが、基板の部品側を表、半田付けする側を裏側とすると半田付けする際に配線を折り曲げる方向は左右が逆になります。

私にとっては配線が複雑だったことと、酔っぱらって作業したため1箇所逆方向に半田付けしてました。


PCBレイアウトをイラストレータで反転させて半田付けした後にチェックする方法も考えました。
自分の半田付けの下手さにこの方法はヤメました。


あきらめかけていた時、可燃ごみ箱さんの私のエフェクター自作方法【番外編】うまく動作しないときが参考になりました。

特にフォン・ジャック、クリップ、0.1ufコンデンサを使った配線チェッカーは非常に役立ちました。
配線チェッカー

これで、ミスしていた箇所が5分くらいで発見できました。

Zombie Chorus基板裏

念のため、ケースの蓋を閉めずにテストするとバッチリ稼働しました。クリック・ノイズもなく良好です!

いやー良かった。
最近、オペアンプの文字が読みずらい。




コーラス・モード切替用のON-OFFのトグルスイッチを手に入れて早速作りました。


音出ししてみると・・・音でない(涙)
Zombie Chorus回路

ノーマル音はちゃんと出ているのでフットスイッチ周辺は大丈夫なのかな。
エフェクトONにすると、シュワ~、シュワ~というノイズやポツ、ポツというノイズが聞こえます。
これにギターの音が入るとコーラス音になってくるんだなってことは分かるのですが、さて・・・どこが悪いのやら?

おそらくどこかで結線間違ってるよなぁ。酔っぱらってる時に半田付けしたからなぁ。




一度アタマを冷やして考えます!
完成はしていたRATですが、どうも使い勝手が悪い。

どう考えてもDistのつまみの効きが逆方向です。
で、よーく調べたらVolポットの結線が間違っていました(涙)

もしかしてと思い、FilterのVolポットも違っているのかとウェブで調べると、DUBさんのPROCO Vintage The RATとRAT2の比較という記事に次のように書いてありました。

フィルターなので通常エフェクターのトーンと違い時計回りに回すことで高音がカットされます。



・・・!!!
というわけで、FilterのVolポットもやり直し。

アンプに繋いで弾いてみると、納得!
RATの印象がガラッと変わりました。昔使っていたSD-1の印象からすると結構クセのある歪モノです。
よく言われるFUZZっぽさもあります。

これは楽しみです。
エピフォン・リビエラを少しいじってみました。プチ改造です。


まず、ピックガードとトラスロッドカバーを交換しました。
サウンドハウスでピックガード用平板を買って自分で作成しました。
エピフォン・リビエラのピックガード作成

エピフォン・リビエラのトラスロッド・カバー作成



それから、ブランコテイルピースも交換しました。
エピフォン・リビエラのブランコテイルピース交換



交換前
エピフォン・リビエラ

交換後
エピフォン・リビエラのプチ改造

こうやって見ると改造後のイメージがUHA味覚糖の純露の紅茶飴に似ているなぁ。と思うのは私だけでしょうが、ナニか?。

なにげに味覚糖のウェブサイトをみると

砂糖の含有がNo.1 純度の高いキャンディです
宝石の味、純露。気品のあるスイートなキャンディと、香り高い紅茶の味のキャンディがペアで入った、キャンディの傑作です。



だそうです。

宝石の味!小さいころよく食べた。確かに美味しかった。あまりに美味しいので、水に溶かして飲んだらあまーい紅茶になるんじゃないかと思って、コップいっぱいの水に純露を1粒入れて溶かそうとしたらあまり溶けませんでした。それでも少しは溶けたのでひと口飲んでみたら、水くさい・・・。幼稚園時代のアホな思い出ですm(_ _)m

H24.12.16売却済
以前は、BOSSのコーラスCE-3を持っていたのですが、処分してしまったのでコーラスを持っていないのです。

で、John Hollis Zombie Chorus

ゾンビっていうぐらいなので、強烈なモジュレーションを期待して選びました。どうやらEH SmallCloneコーラスとRoland CE-1のコーラスを切り替えられるようです。

実は、半年前ぐらいにパーツは買ってあったのですが、自作エフェクターブームが去ってしまいほっとかれていました。


PCBは、最近よく参考にさせていただいているPOWERFUL DRUG ブログ店さんの記事から。

私にとっては、複雑な配線パターンですがポイントトゥポイント配線で行うつもりです。
トゥルーバイパス仕様も。


パーツを確認したら、SmallCloneとCE-1のコーラスを切り替えるスイッチが足りません。200円しない部品のために2時間かけてパーツ屋さんに行くのもなぁ・・・。通販だと送料かかるしなぁ・・・。


自分の詰めの甘さにテンション下がった・・・・・・・・・・・(涙)
ポール・モチアン・エレクトリック・ビバップ・バンド・フィーチャリング・ジョシュア・レッドマン

買ってみました。


聞いた感想は、延々と各楽器のアドリブが続くわけではなく、1曲がコンパクトにまとまっていて聞きやすい。スタンダードもやっているのでコード進行もわかりやすく、ソロのアプローチが掴みやすい。

ポール・モチアンの名前は、ビル・エバンス(p)・トリオで知って、その後ECMレーベルをよく聞いていて、その時よく聞きました。

このCDは好きな感じです。



半止めワウ


半止めワウ完成しました。
PCBパターンは、POWERFUL DRUG ブログ店さんの記事を参考にさせていただきました。
を使わせていただきました。Volポットは、30kΩが無かったので20kΩにしました。

トゥルーバイパス仕様です。
トゥルーバイパス回路は、可燃ごみ箱さんの記事を参考にさせていたきました。

無事に一発稼動です。
材料代2,000円ぐらいでできます。

ライブでワウペダルを半止めにして、おいしい音を一瞬で出したい!って場面で活躍しそうです。
トゥルーバイパス仕様なのでノーマル音の際も音の劣化が少ないと思います。

音は、まさに半止めワウ!

ちなみにレイアウト失敗して9V電池が入りません(涙)



ついこの間、セミアコ買いました。また、エピフォンですけど

で、最近フツフツと自分にギター・ブームが到来してきました。
大体年に1回くらい、このブームがやってくるのですが・・・。

過去を振り返ると、どうもこの自ブームは

①CDを買う
②ギターが欲しくなる
③ギターを買う
④ギターをアンプなしで弾く
⑤アンプに通して弾く
⑥エフェクターを使いたくなる
⑦エフェクターが欲しくなる
⑧エフェクターを作る    ← いまココ!
⑨ブームが去っていく・・・。

というサイクルのようです。


前置きが長くなりましたが、今回は、半止めワウ。

POWERFUL DRUG ブログ店さんの記事を参考に作ります。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。