Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JRC4558DDツヤ有りを入手しまして、その違いや如何に?
JRC4558DDツヤ有り
スポンサーサイト
えーー、暑い日が続きます。

昨夜は20時半ごろ寝てしまい、今朝は3時に目が覚めてしまいました。
消費電力抑制のため、朝の涼しい内から自作しています。

皆さん、いかがお過ごしでしょうかッ?

TS808ですが、配線も終わり、いざ!音出ししてみたのですが、音でません(涙)
配線チェッカーで調べると、どうもフット・スイッチ辺りが怪しい・・・。

そういえば、パーツレイアウトは素人工作員さんだけど、トゥルーバイパス回路は、可燃ごみ箱さんで作ったぞ???と思いだし、すべて素人工作員さんの配線図でやり直しました。

するとバイパス音が出ました!

しかし、エフェクト音が出ません。再び配線チェッカーでフット・スイッチ辺りを調べると微かに音が聞こえる。しかし、歪んでいない・・・。

それじゃ、バイパス音を仮設配線で基板に流してエフェクト音が出ればフット・スイッチが壊れてるよな、と考えつつ実際にやってみても結果は同じに・・・。

30分ぐらい気分転換してもう一度トライ。音量ツマミがゼロじゃないよなぁ?と思いつつツマミをひねると、アッラ~、音出ました・・・。ついでにDriveのツマミを回すと・・・歪んでます!

結局のところ原因は、可変抵抗器の端子間違い。RATの時もやりましたが今回も。
実は今回作業する前にウェブで確認したつもりだったのですが、やっぱり間違ってました。

基本を分かってないと苦労するのは、どこの世界も同じです。

TS808、なんとか完成しました。
トラブルはありましたが、なんとかなりました。

完成した自作TS808

音のほうは、真空管アンプをフルドライブさせた時のような「甘い歪み」です。

この「甘い歪み」ってのがクセモノで、ギター雑誌の広告にあった、この言葉に誘われてBOSSのSD-1を買って初めて音出ししたときと同じ印象です。

歪まねー、音伸びねー

10Wの練習用トランジスタアンプに通すと、こんな印象になりますかねー。
歪みの強いRATと比べるとなおさらですね。チューブアンプでそれなりの音量で弾くと、もう少しドライブ感とサスティーンあると思うのですが・・・。

やっぱり真空管アンプが欲しくなりますね。自作エフェクターの醍醐味って最終的には自分だけのサウンドを得るってところに行きつくと思うのですが、それなりの機材や音量が出せる環境があると楽しさ倍槽すると思います。


ちなみに「辛い歪み」って聞いたことあります?

いよいよパーツの半田付けです。

工程を進めていくうちに、SD-1と比べると抵抗器があるところにコンデンサがあったり、ジャンパ線がいくつか出てきたり、いろいろなことに気が付きました。

素人工作員さんのBOSS SD-1(TS)のパーツレイアウトには上下にSD-1とTS808が載っていますので違いがよくわかります。

パーツの半田付けが完成しました。
TS808パーツ半田付け

抵抗器が炭素被膜と金属皮膜のごちゃ混ぜになっていますが、パーツのクオリティをほとんど気にしてません。
てか、いつも行くパーツ屋さんには、1/4wの炭素被膜抵抗器が100本単位でしか売ってなくて、バラ売りは金属皮膜のみです。

金属皮膜抵抗器は抵抗値を示すカラーコードが5本で、家に帰ってからイッショクタに袋に入れられている抵抗値を調べるのが大変なのですが・・・。


最近、慣れてきました(^^)/
TS808のプリント基板を作りました。

私の場合はプリントではなく青マッキー基板ですが・・・。

穴あけまで終わって完成した基板を眺めていたら、ふと気が付きました。パターンが逆ジャン?
どうにか使えないものか思案しましたが、オペアンプの足で断念。

一から作り直しました。
青マッキー手書き基板

ホント青マッキー最強です。線を描くときもレジストペンのように何回もなぞる必要もなく1回で済みます。
エッチングした後の確認で、回路が不必要にくっ付いていそうな箇所は、カッターで削っています。

基板完成

次はパーツの半田付けです。
DOKKENのジョージリンチも使っていたTS808を作ります。ジェイク・E・リーはSD-1でした。

SD-1の引き締まったトーンは、ハードロックの大音量の際に音抜けが良くて好きでした。

で、TS808ですがパーツレイアウトを2つ発見しました。
1つは、tonepad.comにありました。tonepad_tubescreamer.pdf←何故か私のGoogleChomeでは見れません。IEなら見れます。

もう一つは、素人工作員さんのBOSS SD-1(TS)です。

tonepadではトランジスタに2N3904が使われており、素人工作員さんでは2SC1815BLが使われています。両トランジスタは足の順番、B(ベース)、E(エミッタ)、C(コレクタ)が異なるため注意が必要です。

私は、手元にあった2SC1815BLを使うので素人工作員さんのパターンで作ります。

今回は、久しぶりにエッチングで基板を作ります。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。